抱っこ紐は何個必要?2個目に買うならおんぶ紐がおすすめ!

抱っこ紐 何個持ち?

抱っこ紐っていくつ持つのが正解なの!?みんな実際のところいくつ持ってるのか気になる方は多いと思います。

あやぱん
ちなみに私は、用途に合わせて買い足して現在3つ持っています。正直最初は、3つ買うとは思っていなかったです。。。

今回は抱っこ紐を

・これから購入しようと考えている方
・1つあるけど買い足すか迷っている方

2個目3個目の抱っこ紐は本当に必要なのかと、2個目以降に購入するのにおすすめなおんぶ紐をご紹介します。

私が買った抱っこ紐はこの3つ

最初に買ったのはベビービョルン(オリジナルコットン)

ベビービョルン 抱っこ紐

新生児の頃は病院通いだったのもあり、安定感のあるベビービョルンの新生児用をよく使用していました。現在、ベビービョルンからはMINIというシーリーズが販売されていますが、その旧タイプのものです。

ショルダー部分と赤ちゃんを支える部分が別で取り外せるのでそのまま赤ちゃんを寝かしつけるときはこのベビービョルンがとても使いやすいんですよね。

2個目に買い足したのはエルゴ(OMNI 360)

抱っこ紐 エルゴ

エルゴはその後、新生児タイプでは肩が辛くなってきたので買い足しました。

首が座る頃は洗い替えなどでベビービョルンと兼用で使っている期間もありましたが、エルゴは肩と腰で支える構造なので体への負担が少ないので、体重が増えてきた頃にはメインで使用していました。

3個目に買い足したのは昔ながらのおんぶ紐

抱っこ紐 昔ながらのおんぶ紐

そして、2つあればいいかと思っていたら、実家の母と義理の母に育児を手伝ってもらうのに昔の簡単なタイプのおんぶ紐がいいと勧められ購入することに!

ベビービョルンとエルゴに慣れてしまうと、なかなか昔ながらの抱っこ紐は使い方に抵抗がありましたが、これが2人目育児でのちのち重宝することに。

抱っこ紐は最低でも2個もちがベスト

結果、抱っこ紐2つは最低あると本当に便利です。急なオムツの漏れなど、よだれで洗い替えが必要になるので2つあると安心でした。

3つは正直必要ないかなと思います。抱っこ紐も常に進化し続けるので、2人目のときにはついつい最新の欲しくなると思うので、最低限の数量で使い古すのが私はいいと思います!

2個目の購入は「昔ながらのおんぶ紐」がおすすめ

私が今回一押ししたいのは母たちに勧められて3個目に購入したのは、こちらの「昔ながらのおんぶ紐ラッキー」です。

正直1人目のときは使い慣れず全然使いませんでした。ところが2人目育児でどうしても下の子をおんぶして家事することが増えたので、その時おんぶ紐が重宝しました。

なんといっても練習して使いなれるとエルゴの抱っこ紐よりもおんぶは装着が早いです!

わたしが買ったこのラッキーののおんぶ紐なんですが、下記メリットいっぱいです

  • 肩のところが分厚くなっているので肩への負担が少ない
  • 寝てる時の首を支えてくれる機能があるので安心
  • 赤ちゃんの位置が高くおんぶできるので安定感がある
  • 母たちが使いやすいので育児を助けてもらえる

保育園の先生達もみんなこの昔ながらのおんぶ紐を使っている人が多いと思いますが、これは使えば使うほど納得です!

また、昔ながらのおんぶ紐は比較的価格もリーズナブルで購入できるのでおすすめです。機能性をおとせば3000円以下で購入できるものもあり、本当にこれで十分です。

以上、私の経験をもとに抱っこ紐の必要な個数と2個目におすすめしたいおんぶ紐をご紹介しました。ぜひ、購入検討されている方の参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です