産院に教えてもらったケイツーシロップの飲ませ方と対処法

退院後は、産院から処方されているケイツーシロップ(K2シロップ)を定期的に赤ちゃんに飲ませなくてはいけません。

産後は赤ちゃんのお世話で忙しいママにとって、ケイツーシロップについての困りごとは多いと思います。

そこで今回は、

こんな方におすすめ!ケイツーシロップってどうやって飲ませるの?
ケイツーシロップを飲ませるのを忘れてしまった・・・
ケイツーシロップをなかなか飲んでくれない

とお困りのママのために産院に教えてもらった、ケイツーシロップの飲み方とトラブルの対処法についてご紹介します。

ケイツーシロップ(K2シロップ)は脳内出血の予防薬

ケイツーシロップは、赤ちゃんに起こりやすい皮膚やへそ部、胃腸から出血を防ぐためのお薬

ケイツーシロップには、ビタミンK2が含まれいてこのビタミンKが出血したときに血液を固まらせる働きがあります。

このケイツーシロップの働きで生後3か月頃までに起こりやすい頭蓋内出血を予防できるため、出生後は定期的にケイツーシロップの服薬が必要になります。

頭蓋内出血

頭蓋(とうがい)内にみられるすべての出血の総称であり、出血の部位により硬膜下出血、くも膜下出血、脳室内出血、脳実質内出血に分けられる。

引用元:コトバンク

あやぱん
ビタミンK不足が原因で脳内出血すると、死亡率15%、50%の赤ちゃんに後遺症が残るというデータもあるようです。。

ビタミンKが不足する主な原因

母乳によりビタミンKが不足する

母乳中のビタミンKの量はミルクの5分の1と少ないです。

母乳だけを飲んでいる赤ちゃんは、ミルクを飲んでる赤ちゃんと比べビタミンKが不足がちになるので注意が必要です。

肝臓の異常によりビタミンKの吸収が悪くなる

栄養の貯槽する機能を持つ肝臓に異常がみられると、赤ちゃんに必要なビタミンKの吸収が悪くなります。

抗生剤の内服でビタミンKが欠乏する

抗生剤の種類によって服用することでビタミンKを作る腸内細菌が死んでしまい、ビタミンKが欠乏するとされています。

ケイツーシロップ(K2シロップ)の飲ませ方

ケイツーシロップは原液で飲ませても問題ないですが、赤ちゃんが飲みやすいようにミルクなどに混ぜて飲ませてあげるのがおすすめです!

飲ませるときに用意するもの

ケイツーシロップ1本、白湯5ml(小さじ1杯程度)

   ※白湯の代わりに母乳、ミルクでもOK

カップ(おちょこ、スプーン、哺乳瓶の乳首など)

あやぱん
いろいろ試してみましたが、哺乳瓶の乳首が一番飲ませやすかったのでおすすめです!

飲ませるときの手順

清潔なカップにケイツーシロップを入れ、次に5ml程度の白湯を入れカップの縁からゆっくりと赤ちゃんに飲ませましょう。

あやぱん
赤ちゃんの吐き戻しを避けるため、内服後15分ほど空けてから授乳すると良いです。

飲ませる期間

ケイツーシロップは毎週飲ませることが推奨されています。ただ現在のところ、強制ではないため投与回数や期間も産院によって異なります。

あやぱん
私の産院では、10包入のエーザイのケイツーシロップ1箱の投与でした。毎週投与だったので2ヶ月半飲ませていました。

こんな時どうする?ケイツーシロップの対処法

赤ちゃんトラブル

吐いてしまった

ケイツーシロップを少し吐き戻してしまった場合は、赤ちゃんの様子をみながら問題ないか確認しましょう。残っているケイツーシロップがあれば、少し間をあけてから飲まてあげましょう。

全部吐いてしまった場合は、かかりつけの病院に相談してみてください。

内服後にむせている

背中をさすってしばらく落ち着いて、様子をみて問題ないか確認しましょう。問題ないようでしたら引き続き飲ませましょう。

予定日に飲ませられなかった

産後ついつい忘れがちなケイツーシロップの予定日。産院から指定されている日にちが数日予定日とずれていても大丈夫です。気づいたらすぐ飲ませるようにしましょう。

あまりにも日にちが経ってしまった場合は、医師に相談してみてください。

原液を飲ませてしまった

産院によっては原液で与えるところもあるため、問題ありません。ただし、スティック包装から直接飲ませると誤飲や唇に傷がつく恐れがあるため哺乳瓶やスプーンに移してあげるのが好ましいです。

嫌がって飲まない

時間を置いて機嫌がいい時に再度飲ませるようにして見てください。数日予定日とずれていても問題ないので、焦らずしっかり飲ませてあげることが大切です。

まとめ

今回は産院に教えてもらったケイツーシロップの飲ませ方と、トラブルがあった時の対処法についてご紹介しました。

産後忙しいママにとって、ついつい産院から処方されているケイツーシロップを赤ちゃんに飲ませるの忘れてしまった、赤ちゃんが吐き出してしまったなどのトラブルはつきものです。

トラブルが起こった際は焦らず対処してみてください。

産院によっては方法が異なるかもしれないので、不安な方は早めにかかりつけの産院で確認することをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です