乳児脂漏性湿疹?赤ちゃんの顔や頭皮にでるかさぶた原因と対処法

乳児脂漏性湿疹の原因と対処法

赤ちゃんの毛穴が変だゾ!この黄色いような茶色いような始めて見る瘡蓋はなんなんだ〜!と驚いた方焦らないでください。

今回は、乳児期によく見られる乳児脂漏性湿疹についての原因と対処法をまとめて見ましたので参考になればと思います。

乳児脂漏性湿疹とは!?

乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)は、生後2~3ヶ月ぐらいまでの乳児期に良く見られる皮膚トラブルです。皮脂腺の多い、頭部やおでこ、耳、股部、わきの下などに出来やすく、湿疹はカサカサしたものから、じくじくしたもの、脂性の強いかさぶたが付着するものまであり、乳児脂漏性皮膚炎とも言います。

通常、痛みや痒みはなくまた、痕が残ることもありません。

乳児脂漏性湿疹の原因

主な原因は、皮脂の分泌にかかわる機能が未熟な赤ちゃんが母体からのホルモンの影響で一時的に皮脂の分泌量が増え、皮膚細胞が詰まり硬く脂っぽいかさぶたなどができると言われています。

あやぱん
我が家も生後3ヶ月頃に頭の毛穴にクリーム色の分厚い瘡蓋のようなものがこびりついているのに気がつきました。最初は母乳か何かが固まったのかと思ってたのですが・・・洗っても洗っても落ちないので皮膚科を受診しました。下記、その時の我が子の頭の状況です。
赤ちゃんの頭 乳児脂漏性湿疹

皮膚科で処方された乳児脂漏性湿疹のお薬

リドメックスコーワローション0.3%

皮膚科で処方されたお薬は、炎症を抑えるほか湿疹やかぶれのお薬「リドメックスコーワローション0.3%」。弱いステロイドのお薬で、1日3回目安で処方されました。

あやぱん
下記は、お薬を塗って1週間後の写真です。塗ってすぐに症状が回復する感じではなく、入浴を繰り返すたびに瘡蓋の層が徐々に薄くなってなくなっていく感じでした。
赤ちゃんの頭 乳児脂漏性湿疹 治った

瘡蓋を無理にはがすと皮膚を傷つけてしまう可能性があるので、焦らず様子を見るようにしてみてください。また、個人差はあると思いますが、 1年以上続くケースもあるそうです。

乳児脂漏性湿疹には毎日のケアがとても大切

乳児脂漏性湿疹は、皮脂分泌が減ってくると毎日の沐浴ケアで自然治癒することも多いです。

また、頭や顔などの汗をかきやすい場所を良く泡立てた石けんで、毎日しっかり洗ってあげるとひどくなることはありません。赤ちゃんの頭は特に皮脂が溜まりやすいので赤ちゃん用のシャンプーを使って皮脂を丁寧に取りのぞくのがおすすめです。

肌の保湿も忘れずに!

丁寧に洗っていると、皮脂が少なくなって肌が乾燥しやすくなるため、沐浴後は肌が乾燥しないように赤ちゃん用の保湿クリームやローションを塗ってあげましょう。

乳児脂漏性湿疹こんな場合は気をつけて!

シャンプーや石鹸で洗っても症状が改善しない場合、また下記のような症状がひどい場合は感染症などの恐れがあるため早めにかかりつけの皮膚科を、受診するようにしてください。

  • 皮膚がむけた時
  • ジクジクうんできた時
  • 水がたまってしまった時

まとめ

以上、乳児脂漏性湿疹についての原因と対処法についてまとめました。赤ちゃんに良く見られる肌トラブルなので焦らず対処してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です