幼児期からの教育がおすすめ!家庭ではじめる最新の通信教育を比較

女の子

最近では、幼児期からの教育に興味があるご家庭も多いくなっています。

今回は、早くからの幼児教育によるメリットと各社から発行されている通信教育をご紹介します。

実際に我が家でも、どの通信教育が良いか迷っていました。

実際に調べてみたことを、解りやすくまとめているので、是非忙しいママの時短につながればと思います。

幼児教育のススメ

姉妹

いろいろな才能や能力を育ててあげられる幼児期の教育。特に6歳までは脳細胞がどんどん増える黄金期と言われています。

この時期の子供の経験が後に脳を急成長させることに繋がるため、小さいうちから幼児教育を取り入れるご家庭が増えています。

通信教育を比較してみよう!

通信教育のメリット

通信教育のメリットはなんといっても、

好きな時間に学習できる

親子で一緒に学べる

手頃な価格で受講できる

ことです!

幼児教育のお教室に通うとなると、

月謝(週1)で15,000円以上があたりまえ!

更には幼児期は子供の機嫌やお昼寝のタイミングで教室に通うのも一苦労なんす。

そんな悩みを解決してくれて手軽に始められるのが、「通信教育」なんです!

親子で取り組む通信教育

ここで勘違いしてはいけないのが、通信教育は決してママ(パパ)が楽できるわけではありません!

幼児期は、学習の基礎を身に着ける大切な時期。

教室では先生がいますが、通信教育では先生が親になります。

しっかり時間を作り、親子で無理なく続けられるよう、ご家庭にあった通信教育選びが大切になってきます。

通信教育の選び方

通信教育選びのポイントは、下記3点!

予算に合わせて選ぶ

教育方針が共感できるかチェックする

こどものことを考え身につく力をチェックする

ご家庭で無理なく続けられるためには、上記ポイントをチェックして通信教育を選んであげるといいと思います。

通信教育にかかる費用

下記は、今注目の大手9社の通信教育の比較表です。価格のチェックは下記をどうぞ!

通信教材(幼児)対象月額
こどもちゃれんじ0-6歳1,790円~
幼児ポピー2-6歳980円~
がんばる舎2-6歳800円〜
Z会(幼児コース)3-6歳1,870円~
まなびwith3-6歳2,117円~
スマイルゼミ(幼児コース)4-6歳3,278円~
ワンダーボックス
4-10歳3,700円~

通信教育別の学びの特徴

先ほど、ご紹介した通信教育選びのポイントである、教育方針と身につく力の考えかたは各社で特徴が分かれます。

例えば、小学校に入学するまでの知識を先取りしたいのか?それとも、考える力を育みたいのか?様々です。

各社それぞれ、「学べる・身につく力」と「学び方」に特徴があるので、各社別にわかりやすくまとめています。気になる通信教育があれば、ぜひ参考までにしてください。

ママの時短につながるよう、下記はなるべく簡単にわかりやすくまとめています。もっと詳しく知りたい方は、各社のページをご覧ください!

こどもちゃれんじ

みなさん通信教育というと真っ先に、「こどもちゃれんじ」が頭に思い浮かぶ方も多いと思います。それもそのはず、業界でも満足度ナンバーワンで大人気の教材です。

そんな「こどもちゃれんじ」は、

こんな方におすすめ!

0歳から通信教育を始めたい方
子供がしまじろうが好きな方
遊びを通して学びたい方

年齢月齢別で下記、6コースから1,790円〜(※一括払いの場合)で始められます。
※価格はコースと支払回数によって異なるのでチェックしてみてください。

  • こどもちゃれんじbaby(0・1歳向け)
  • こどもちゃれんじぷち(1・2歳向け)
  • こどもちゃれんじぽけっと(2・3歳向け)
  • こどもちゃれんじほっぷ(年少コース:3・4歳向け)
  • こどもちゃれんじすてっぷ(年中コース:4・5歳向け)
  • こどもちゃれんじじゃんぷ(年長コース:5・6歳向け)

学びの特徴は、なんといっても

人気キャラクターのしまじろう

付録の玩具(エデュトイ)

にあります。遊び間隔で幅広く学べるため、こどもが興味を持ちやすく、勉強だけでなく生活習慣なども学べてママにも嬉しいのが、「こどもちゃれんじ」の人気の理由です!

教材のポイント 年齢や発達・趣味にぴったりのカリキュラム
1つのテーマを様々な教材(映像・玩具・ドリル)で楽しめる
自分で調べ自分で最後まで取り組める

▶︎「こどもちゃれんじ」については詳しくはこちら

あやぱん
こどもちゃれんじに入会すると会員限定(しまじろうクラブ)でアニメや動画が見放題なのも嬉しいポイントです。

幼児ポピー

幼児ポーピーのすばらしさは、なんといってもコスパです!年齢があがるにつれ、他の習い事にも通わせたい、兄弟がいれば2人の受講費がかかってきます。

月々980円〜で始められるポピーなら、いざそんな時でも家計に負担が少ないので続けやすいです。

こんな方におすすめ!

コスパ重視の方
余計な付録ないらない方
小学校入学までに必要な力を付けたい方

下記、年齢別の4コースから受講できます。

  • ももちゃん(2・3歳向け)/980円
  • きいどり(3・4歳向け)/980円
  • あかどり(4・5歳向け)/1,100円
  • あおどり(5・6歳向け)1,100円

シール貼り、迷路、間違い探しなどで

遊びの中で楽しく学べるドリル

更にWebアプリや運動動画で更に楽しめる

工夫がいっぱいの教材内容です。

教材のポイント 小学校入学に向け「ことば・もじ・かず」に慣れる
「できるようになる」ことよりも「好きになる」ことを目指す

▶︎「幼児ポピー」については詳しくはこちら

がんばる舎

「がんばる舎」は、こどもに合わせて学習プランが6つのステップから選んで受講できます。

こんな方におすすめ!

こどものレベルに合わせて学習したい方
親子で一緒に学びたい方
コスパ重視の方

各社では珍しい、

まとめて1年分教材をもらうことができる

年齢に関係なく成長に合わせて教材を選択できる

ため、先取りしたいご家庭には嬉しい教材です。

教材のポイント 小学校入学に向け「ことば・もじ・かず」に慣れる
「できるようになる」ことよりも「好きになる」ことを目指す

▶︎「がんばる舎」については詳しくはこちら

Z会(幼児コース)

「Z会」では主体的に学びに向かう姿勢、「あと伸び力」を大切にしたカリキュラム内容になっています。

こんな方におすすめ!

体験から学びを得たい方
自ら学ぶ力を育みたい方
将来長く受講を考えている方

Z会が考える「あと伸び力」とは、

幼児期に大切なのは、何に対しても「なぜ?」「どうして?」と疑問をもち、

自分なりに答えを見つけようとする姿勢

考えることそのものを、おもしろがる力

と考えています。ついつい小学校入学に備えて先取り意識が向いてしまいがちですが、

「あと伸び力」こそ大切なのかもしれません。

教材のポイント 楽しく取り組んで思考力アップ
親子で触れ合う体験型教材
保護者の方向け情報が充実

▶︎「Z会(幼児コース)」については詳しくはこちら

まなびwith

「学びwith」(旧:ドラゼミ)は小学館の通信教育です。

こんな方におすすめ!

自ら考える力を身に付けたい方
絵本や図鑑を通して豊かな感性を育みたい方

身近な生活のなかで体験を通して、

「わかった」「できた」の数を増やしていく

自らまなびを深める「まなびの芽」も育て

また、もスタートします。

教材の特徴 小学館の人気図鑑「プレNEO図鑑」の中から毎月、4ページの図鑑ページとワークブックが連動して「調べる」「考える」体験ができる
年中からは、デジタルゲームとワークブックが連動した教材でプログラミング思考を身につけられる
想像力・豊かな感性を育む

▶︎「まなびwith」については詳しくはこちら

タブレットで学ぶ通信教育

ここからは最新タブレットで学ぶ通信教育をご紹介します。

タブレット学習のメリットはなんといっても、プリントの収納に困らないことや、子供のが興味を持ちやすいことにあります。

スマイルゼミ(幼児コース)

こんな方におすすめ!

1人で学習できるようになってほしい方
幅広い学習を取り入れたい方

学習方針

本当に大切なのは「できることの多さ」ではなく、「やればできる」経験をたくさん積み、次につながる自信を育むこと。「学ぶ楽しさ」を知り、自ら学ぶ姿勢を育むこと。

▶︎「スマイルゼミ(幼児コース)」については詳しくはこちら

ワンダーボックス

こんな方におすすめ!

感性や思考力を育てたい方
プログラミング学習に興味のある方」

学習方針

目の前の課題に楽しく没頭する体験こそが大切です。 意欲や思考力が伸びることで、その後の知識習得をともなう学びが、何倍も有意義なものになっていきます。

▶︎「ワンダーボックス」については詳しくはこちら

まとめ

以上、早くからの幼児教育によるメリットと各社から発行されている通信教育をご紹介します。

特に押さえておきたい最新の通信教育についてまとめてみたので、参考になればと思います。

まずは資料請求や体験を通して各ご家庭にあった教材を選ぶのがいいと思います。

我が家が選んだ通信教育

ちなみに・・我が家では家庭学習に自信がなかったため、幼児教育に通っています。

月謝は高く、通うのも大変だったり・・・辞めようかなとよく思いますが、長く続けてこそ成果がでると思うので継続は力なりと頑張って通っています。

一番は、コツコツ続けることだと思いますので教育に興味を持たれたママさん方はじめたからには頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です