子供の水遊びにおすすめ!空気入れ不要のプールは片付け簡単

空気入れ不要 プール 子供 簡単

子供が大好きな水遊び!お家でプールを作って楽しむ方も多いのではないでしょうか。

でも、プールの準備や片付けは空気の出し入れが必須になるので結構めんどくさかったりしませんか?

そこで今回は夏の水遊びに空気入れ不要の片付けが簡単にできる子供用のフレームプールをご紹介したいと思います。

空気入れ不要のフレームプールがママたちに大人気の理由!

空気注入タイプのビニールプールから空気入れ不要のフレームプールに乗り換えするママが増えています!

フレームプールなら子供用のビニールプールを使っているママたちが感じる2つの不満を解決してくれます!

空気入れ不要で準備や片付けが簡単!

これまでのビニールプールは、空気注入タイプが一般的。

空気注入タイプのビニールプールは、準備や後片付けで空気の出し入れが必要なので、あれこれ忙しいママたちには結構な負担です。

しかし、空気入れ不要のプールはフレームを組み立てるだけなので、これまで要していた空気の出し入れの作業ストレスから一気に解放されます!

フレームプールは穴が空きづらく、穴が空いても補修がきく!

これまでの空気注入タイプのビニールプールは、平面部分が多いのでビニールにかかる負荷が多く、穴が空きやすいと不満な声が多かったようです。中には1週間持たないという残念な声もありました。

しかし、フレームプールは穴が空きづらいという口コミと共に、穴が空いても平面でパッチングシールがしっかりくっつくので水漏れを解消できそうなどママたちの評価も高いです。

更にフレームがあるからもたれても平気!

フレームプールの人気の秘訣は、子供がもたれかかっても水が流れ出る心配がないとことです。

これまでのフレーム無しの空気入れ不要のプールは、縁にもたれると水が流れてしまうのが欠点だったので、これが解決できるのは嬉しい!

空気入れ不要のフレームプールのデメリット

滑り台や遊具がついていないので物足りない

空気注入タイプのビニールプールは、滑り台や噴水が吹き出す仕掛けなど、遊び道具がついているものが多いです。

フレームプールは、シンプルな構造なので遊具としては物足りなさを感じるかもしれません。

あやぱん
そこは、みなさん水遊びようの玩具を入れたりと楽しく工夫して遊んでいるようです。

プールの底のクッション性がイマイチ

底にも空気が注入できるビニールプールと比較して、ベランダや駐車場などの固いコンクリートの上に設置する場合はクッション性が少々ものたりないです。

あやぱん
転んで大怪我にも繋がるので、みなさん怪我防止のために下にプレイシートやタオルをひきなど工夫しています!

空気入れ不要で片付けが簡単なフレームプール!

「INTEX(インテックス) 」フレームプール 122×122cmサイズ 高さ30cm

1年間の保証付 フレームプール 120×120cmサイズ 高さ30cm

「INTEX(インテックス) 」大型フレームプール 300×200cm 高さ75cm

まとめ

以上、夏の水遊びに空気入れ不要の片付けが簡単にできる子供用のフレームプールをご紹介しました。

我が家もその後、「インテックス」フレームプール122cmサイズを購入しました!

またレビューなども後日載せたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です