1歳からの子供小さめヘルメット|自転車用おすすめと選び方

一歳児 自転車 ヘルメット

自転車のチャイルドシートに子どもを乗せる際は、子供にヘルメットをかぶらせるよう義務づけられています。

早いと1歳前に自転車と同時にヘルメットの購入を検討される方も多いと思います。

そこで今回は1歳児のヘルメットの購入を検討されてる方にヘルメットの選び方のポイントとおすすめアイテムをご紹介します。

1歳児のヘルメット選びのポイント

・安全基準をクリアしたものを選ぶ

こども用ヘルメット

ヘルメット装着する理由は頭部をしっかり保護するためです。丈夫で安全性の基準を示しているのが国内メーカーであれば「SGマーク」が一つの目安となります。また、日本よりも安全基準が厳しいとされる欧米では「ULマーク」などが代表的になるため、海外メーカーのヘルメットを購入する際はそれぞれの国の安全基準を満たしたもの確認してから購入するようにしましょう。

・サイズ調整可能なアジャスター付を選ぶ

ヘルメットはメーカーにより作りも様々です。実際に店頭でかぶり子供のサイズにあったものを選べればいいですが、ネットで買う方も多いと思います。

1歳児の頭にぴったり合うヘルメットを探すのはとても難しいので、サイズ調整ができるアジャスター付きのものを選びましょう。

多少緩くてもアジャスターがついていればある程度頭に固定することができます。また長く使用できるため1歳児のヘルメット選びにはアジャスターはマスト機能です。

サイズ目安と測り方

額と後頭部の一番出ている部分と、また耳のすぐ上を通るラインを目安に測ります。下記は、年齢別の平均サイズになるので参考にしてみてください。

6ヶ月〜1歳 48cm
1歳〜1歳6ヶ月 50cm
2歳〜3歳 52cm

 

・軽くて通気性のいいものを選ぶ

こども用ヘルメット

特に暑い夏の時期や、スポーツ(スライダーなど)と兼用で使う際はヘルメットの通気性も重要になってきます。夏の時期の蒸れを防ぐためにも通気口がついたものがおすすめです。

また、子供の快適さ考えると軽いものがいいですが最近の子供用ヘルメットはどれも驚くほど軽量1歳児のものだと200〜300グラムほどなので100グラムの差などあまり気にする必要はないです。

・子供が気にいるデザインを選ぶ

子供が小さいうちはヘルメットをかぶることに慣れていないため、なかなかかぶってもらえないという声をよく聞きます。子供が好きな色や興味のあるものがプリントされた柄は、子供がヘルメットに興味を持ってくれるきっかけになるためデザイン選びも重要です。

女の子におすすめヘルメット

おしゃれなでポップなバーン(Bern) NINAの子ども用ヘルメット

おしゃれなヘルメットを探している方におすすめしたいのが、アメリカ生まれのBernのヘルメット。可愛らしい柄や色味が国内製品ではないデザインです。使いやすさや安全性にもこだわっているため、長時間使っていても蒸れにくく耐久性に優れています。

ピンク好きな女の子にぴったりなブリジストンの「コロン」

ピンクが大好きな女の子に花柄がとっても可愛いヘルメットです。外表面には衝撃に強く割れにくいABS樹脂を採用し、サイズ調整も可能な機能も充実、更に手頃な値段も魅力的なため人気のヘルメットです。

マットカラーが可愛らしい!OGKカブトのパイン(PINE)

大人用高級スポーツヘルメットにも採用しているインモールド製法で高い衝撃吸収率と耐久性を両立した210gの超軽量ヘルメット。子供への首の負担を考え抜かれた設計で人気商品です。

男の子におすすめヘルメット

おしゃれなでポップなバーン(Bern) NINAの子ども用ヘルメット

おしゃれなヘルメットを探している方におすすめしたいのが、アメリカ生まれのBernのヘルメット。ツバ付きで遊び心のあるデザインです。使いやすさや安全性にもこだわっているため、長時間使っていても蒸れにくく、耐久性に優れているためストライダー用としてもおすすめです。

車好きな男の子にぴったり!ブリジストン「コロン」

車が大好きな男の子におすすめのヘルメット。外表面には衝撃に強く割れにくいABS樹脂を採用し、サイズ調整も可能な機能も充実、更に手頃な値段も魅力的なためとても人気なヘルメットです。他のカラーや柄もあるのでチェックしてみてください。

洋服に合わせやすい!OGKカブト パイン(PINE)

大人用高級スポーツヘルメットにも採用しているインモールド製法で高い衝撃吸収率と耐久性を両立した210gの超軽量ヘルメット。子供への首の負担を考え抜かれた設計で人気な商品です。

まとめ

1歳児のヘルメット選びのポイントとおすすめのヘルメットをご紹介しました。1歳児はまだ帽子などかぶることに慣れてないため、子供が好んでかぶってくれるようなヘルメットを探してみてください。我が家では帽子が苦手な娘のために大好きなイチゴの柄がプリントされたヘルメットを用意したところ自ら進んでかぶってくれました。

大切な頭を衝撃から守るヘルメットなので購入の際はサイズや仕様をよく確認してから購入するといいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です