子供に贈る最初の印鑑は銀行印がおすすめ!可愛い印鑑まとめ

名前が決まると、子供用の貯金や積立で口座開設を考える方も多いのではないでしょうか?今回は口座開設に必要な子供の銀行印選びのポイントと、おすすめの印鑑をご紹介します。

名前が決まり子供へ印鑑を贈ろうとしている方、初めて子供の銀行口座を作ろうと考えている方の参考になればと思います。

子供用の印鑑は何を作ればいいの?

まず、個人で使用する印鑑の種類には実印、銀行印、認印と3種類あります。下記は、それぞれ必要になる場面をまとめています。

実印・・・役所に登録して、車や不動産を購入する際に必要になる印鑑
銀行印・・・口座開設する時に必要になる印鑑
認印・・・宅配便などの受け取りの際に必要になる印鑑

どれもいずれは将来必要になってくる印鑑ですが、実印は使わない場合もあるのと、認印は大きくなるまで必要ないので、まずは子供の貯金などの口座開設で必要になる、銀行印を作るのがおすすめです。口座を作る際は親の銀行印で登録する方も多いですが、銀行印は将来長く使うものです。子供の頃に銀行印を作っておくと後々大きくなってから引き継ぐ際は、通帳とセットで贈ることができます。

子供の銀行印選びのポイント

銀行印と言っても選び方は様々です。参考までに銀行印の選び方のポイントをご紹介します。

・名前の掘り方は子供の将来を見据えて選ぶ

一般的には銀行印は文字数が多い方が良しとされているため、男の子はフルネームで作るのがおすすめです。しかし、女の子は将来長く使うことを考えると、苗字が変わることがあるため名前のみで作ると良いです。

・サイズは性別や好みで選ぶ

銀行印にはサイズの指定はありませんが、女性用・男性用で大きさが異なります。一般的な銀行印のサイズは下記になりますが、最近では男女関係なく13.5mmで販売されているものも多いです。また、実印などで使われる15mm のサイズを選ばれる方もいます。

・女性用銀行印    12mm
・男性用銀行印 13.5mm

左が銀行印(13.5mm)、右が実印(15mm)、参考までに大きさの違いです。

子供 銀行印 サイズ

・偽造がされにくい複雑な書体を選ぶ

印影を複雑にすると偽造されにくいため、書体選びは重要です。篆書体(てんしょたい)や吉相体(きっそうたい)などがよく使われますが、八方行に広がっていく八方篆書体と縁起のいい字体などもあります。好きな字体や彫刻師さんを見つけて選ぶのもおすすめです。

・大人になっても抵抗なく持てる素材を選ぶ

子供用の印鑑ですが、将来長く使うことを考えると大人になっても抵抗なく使える素材(デザイン)を選ぶようにしましょう。おすすめの素材は丈夫で値段も手頃な水牛ですが、象牙やパワーストーン、チタンなどの材質も印鑑には適しています。価格が大きく違うのでいろいろ見てみると良いです。また、水牛の色味が重くて好きじゃない方は、金粉で絵模様がついたものや、オランダ水牛などの白い色味のものもあります。

子供用におすすめの印鑑

・オランダ水牛の選べる印鑑ケース付

こちらの印鑑はオランダ水牛の材質を使用した印鑑です。字体が20種類、ケースも24種類から選べるます。可愛い印鑑ケースも揃っているので子供への贈り物にもぴったりです。

・10年品質保証で安心の黒水牛の印鑑

金額も安価で作れて安心保証の印鑑です。オプションで名入れや、スワロフスキーのアタリなども付けれるため、贈り物にもおすすめです。

・黒水牛蒔絵印鑑

蒔絵を施した、華やかな印鑑です。字体も縁起の良い八方篆書体を使用しているので拘って作りたい方や記念としての贈り物にも最適です。

黒水牛蒔絵印鑑

ディノスオンライン

まとめ

子供の銀行印選びのポイントとおすすめの印鑑をご紹介しました。いずれ必要となるもなので最初から実印・銀行印・認印を三本セットで贈る方もいますが、実印、認印は子供の頃はあまり使用する機会がないため、必要な年齢になる機会でその時にあったものを購入するのが個人的にはおすすめです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です