保育園の汚れ物入れの選び方とおすすめエコバックと代用袋

エコバッグ 汚れ物入れ 保育園

保育園の入園が決まると慌ただしい入園準備がはじまります!園によって持ち物はそれぞれですが、中には使用済みの衣類と食事用エプロン、タオルを別の袋に用意して持ち帰る汚れ物袋を用意しなくてはならないケースもあります。

あやぱん
汚れ物入れに指定がないと、ビニール袋や、エコバッグ、布素材のトート、持ち帰った時洗濯しやすいネット素材の袋など、どれにしようか迷われる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は保育園の汚れ物入れの選び方とおすすめエコバッグと代用袋をご紹介していきます!

保育園の汚れもの入れの選び方のポイント

園に持ち込む際に嵩張らずコンパクトになる

園の行き帰りは荷物が多いため、嵩張らずコンパクトになるものが便利です。

小さく収納できれば自宅でもバッグの中へ嵩張らず閉まっておけのでおすすめです!

速乾性に優れていて洗えるものを選ぶ

エコバッグ BAGGU

汚れものや、濡れたものなど持ち帰ると汚れはもちろん生乾きの嫌な匂いが残りやすいです。

気軽に洗濯ができて速乾性に優れていれば、その日の夜洗って朝方までには乾いています。

清潔に保てるとこが汚れ物入れに最適です!

防水力の高いものを選ぶ

濡れたものなども汚れ物袋に入れる場合は、撥水性が悪いと濡れたものが染みてしまいます。

帰りのバッグにまで浸透・・・なんてことがないようしっかりと撥水性の高いものを選ぶといいです。

子供が解りやすい色や柄を選ぶ

早い子で1歳頃から自分が使った汚れものを自分のバッグに入れたします。

子供の好きな柄や色の汚れ物入れだと登園準備や降園の際に自発的に準備を手伝ってくれるきっかけになります。

また、他のお友達のものと区別できるよう解りやすい色や、子供の好奇心を高める柄がを選んであげましょう

 

丈夫なものを選ぶ

汚れ物入れのなかには安いがゆえに縫い付けが悪いものなどもあります。

子供が引張るなどし、ほつれや破けたりなんてことがないよう耐久性は確認してから購入しましょう。

ネットで購入する方は、しっかりと口コミで確認してから購入するのがおすすめです!

汚れ物入れに最適な大きさとは!?

汚れ物入れは園のフックにかけて使用することが多いと思います。あまり大きいと他の友達のエコバッグと重なったり、床についてしまうなど邪魔になることもあります。

多い日の汚れもの量を考えて最低限の入る大きさを選ぶようにしましょう。

エコバッグ 保育園 BAGGU

衣類用であれば0歳児クラスだと多くても3〜4回分の着替え、冬物衣類は嵩張る事を考えると幅25cm以上あるといいです。大きさを参考にしてみてください。

保育園の汚れ物入れにおすすめの袋

エコバッグは保育園の汚れ物入れに最適

エコバッグというとショッピングバッグのイメージが多いと思いますが、耐久性やコンパクトさで保育園の汚れもの入れにもエコバッグは最適なのです。

ネットで買えるエコバッグを下記まとめてみました。

子供が好きなキャラクターエコバッグ

子供も喜ぶポップなカラーのエコバッグ

小さめサイズが嬉しいエコバッグ

汚れ物袋にも最適!万能な巾着タイプ

そのまま洗えて便利なランドリーバッグ!

絶対に濡らしたくない方は防水バッグ!

まとめ

家で代用できるものがあれば汚れ物入れの購入は入園が始まってからでも遅くないため、気に入ったものを見つけてみてください!

あやぱん
我が家でも最初はポリ袋を使っていましたが、娘が自分のものとして興味を示し始めた1歳頃をきっかけに娘が好きな色や柄のエコバッグに買い換えました!

以上、保育園の汚れ物入れとしてエコバッグの購入に迷われている方に保育園の汚れ物入れの選び方選び方のポイントとおすすめなエコバッグをご紹介しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です