保育園の洋服選びの決定版|迷った時の基本スタイルはコレ!

保育園入園準備や季節の変わり目が来ると、保育園の洋服選び迷いますよね。

そこで今回は、そんな時に困らないよう保育園生活に最適な子供服の選び方のポイントと、季節別のおすすめスタイルをご紹介したいと思います。

※季節別スタイルは東京の季節に合わせた洋服をご紹介しています。

保育園の洋服選びのポイント

保育園では、子供達が日々安全に過ごせる環境作りを徹底してくれています。そのため、園で着る洋服には細かな指定があるので、ルールに沿って洋服選びが必要になってきます!

まずは、保育園の洋服選びのポイントをご紹介します。

※実際に子供に通わせている保育園で教えてもらったことをまとめています。

伸縮性のある着替えやすい洋服を選ぶ

保育園では、特に夏場はお着替えを頻繁におこないます。汗を掻いたり、衣類が汚れやすい赤ちゃんは1日2回以上洋服を取り替えることもよくあります。

そのため、子供の着替えがスムーズに行える伸縮性のある洋服を選んであげましょう。

あやぱん
毎日の着替えは子供の「できる」自信にも繋がるので着替えやすい洋服選びは大切です!

肌に直接触れる衣類は綿素材が最適

綿素材の洋服は、肌のダメージを抑えるだけでなく、適度な通気性と吸水性を兼ね備えているため、園でたくさん汗をかく子どもにとって適しています。

ぜひ、綿素材のお洋服を選んであげると良いです!

体の大きさに合わせて動きやすい洋服選ぶ

たくさん動く子供にとって、動きやすい洋服選びが大切です。先ほど、紹介した伸縮性のある洋服にプラスして、体の大きさに合った洋服を選んであげましょう。

裾や袖が長かったりすると手足を動かす際に邪魔になってしまうので、できる限り体にあったサイズがおすすめです。

肌着はランニングまたは半袖を選ぶ

寒い冬場は半袖で寒くないか心配になる方も多いと思いますが、園の中は子供たちに最適な温度が保たれています。

そのため、肌着を長袖にしてしまうとたくさん動く子供は、汗をかいて風邪をひいてしまう可能性があります。

年間を通して肌着はランニングまたは半袖がおすすめです!

あやぱん
私の経験から言うと、半袖タイプの下着はTシャツと重ねると袖がでてしまうので、ランニングが重宝しますした。

また、肌着はズボンの中にしまえるよう丈はお腹が隠れるものを選ぶようにしましょう。

フードや飾りのないシンプルな洋服を選ぶ

飾りやボタンは取れた時、誤飲に繋がってしまうのでシンプルな洋服がおすすめです。

また、遊んでいる間に遊具にひっかかり怪我の恐れががあるようなフードや、紐付きの洋服も気をつけましょう

NGになる場合の洋服

保育園(0歳・1歳児クラス)に適した洋服選びのポイントを考慮すると下記、衣類はNGな保育園が多いので注意してください。保育園でNGの洋服でなくても、子供が安全に過ごすためには避けたほうが無難です。

 

    • チュニック
  •  ロンパース
  •  スカート
  • フード付き洋服
  •  紐付きの洋服
  •  リボン付きの洋服
  •  スナップボタンの洋服
  • スパンコールのついた洋服

 

季節ごとの基本スタイルは4つ

季節ごとのスタイルをまとめてみました。

 東京の季節でまとめているのでご注意ください。

4月・5月

下着、長袖、ズボン

★寒い日はベストや上着で調整

★暑い日はTシャツを着用

6月〜9月

下着、Tシャツ、ズボン

★寒い日は長袖を着用

9月〜10月

下着、長袖、ズボン

11月〜3月

下着、長袖、ズボン

★寒い日は上着で調整

まとめ

以上、保育園の洋服選びについてご紹介しました。

特に入園準備はついつい可愛いものを選びがちになってしまいますが、保育園の洋服選びのポイントを守って揃えてみてください。

 

保育園の洋服探しにおすすめのショップはこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です