保育園の荷物入れは汚れても安心のリュックやエコバッグが便利!

入園準備 荷物入れ バッグ 保育園

保育園の入園準備!

子供が小さいうちは、その日に使う荷物を入れて持ち帰りする際に荷物入れ用のママバッグが必要になります。

毎日使うものなので、保育園の入園準備にはママバッグの用意が欠かせません。

そこで今回は、保育園の荷物入れ選びのポイントとママバッグにぴったりな汚れても安心のおすすめバッグを紹介します。

この記事は、おむつが必須な保育園の0歳〜2歳児クラスで使う通園バッグ(ママバッグ)の荷物の量を参考に紹介しています。

保育園の荷物入れってどんなもの?

保育園の荷物入れバッグは、その日使う衣類やおむつ、汚れたものを持ち帰るために必要なバッグです。

基本的には、荷物入れは保育園に荷物を持ち運んだ後、迎えの時間までは園に置きっ放しです。

まずは行き帰りの荷物を確認しよう!

保育園の荷物入れを用意する前に、行き帰りの持ち物を確認しておきましょう!

特に週の始めや終わりはお布団のシーツや、バスタオルの持ち帰りもあるので荷物が把握して、それに合わせたバッグ選びが必要です。

下記は、我が家が通っている保育園での行き帰りの荷物です。

▼毎日持ち帰りするもの

ループタオル 2枚

お食事用エプロン 3枚

おむつ 〜8枚

着替え衣類(下着、Tシャツ、ズボン)1~3セット

汚れたものを入れる袋 2枚

シーツやバスタオル(※週始め週終わり)

水着、タオル(※夏限定)

※おむつは捨ててくれるので帰りは、その分荷物は減ります

あやぱん
荷物が多い日はカバンの中は結構パンパンになります!我が家は2人分なので週始めは旅行にいくのかというほど持ち物が多いです!

保育園の荷物入れ選びのポイント

保育園の荷物入れ選びで押さえておきたいポイントは下記、3点!

汚れても気軽に部分洗いや丸洗いできるもの
毎日の荷物持ちに負担がない軽くて丈夫なもの
開け口が大きく開いて取り出しやすいもの

気軽に洗えると清潔に保てる

毎日の汚れたものを持ち帰るため、汚れや臭いはどうしても気になってきます。

また、雨の日なんかは濡れちゃうので汚れなんかも落ちやすいとなお良いです。

荷物入れは汚れても気軽に洗えるものが、清潔に使えて重宝します。

丈夫で軽いと毎日の負担が減る

毎日、持ち帰りする荷物のことを考えると軽さはマストになります!

丈夫さも大事ですが、厚手のもので重いものは負担になるので軽いものを選んだほうがベストです

ナイロン素材や、薄手の頒布地などがおすすめです。

開け口が大きいと取り出しやすい

忙しい朝の登園準備には、開け口がガバッと開いたほうが中をすぐ取り出せるので、おすすめです。

トートでもリュックでも開け口が大きく開くものを選びましょう。

その他あると便利なポイント

バッグにファスナーなどの閉じ口がある

中の荷物の落下防止や、雨の侵入を防げるのでファスナーがあると便利です。

速乾性がある

汚れたら洗ったりするので、速乾性があるとより気軽に洗えるので良いです。

ポケットなどの収納機能がある

保育園の荷物で中には、ペンやゴムなどちょっとしたものも入れられるポケットがあると使いやすいです。

パパでも持てるデザイン

パパも保育園の送り迎えをする方は、パパが持ってもおかしくないデザインを選んであげましょう。

保育園の荷物入れにおすすめのバッグ

保育園のママバッグには、軽くて大容量のバッグがとしても人気です。以下、荷物入れにおすすめのバッグをご紹介します。

両手が空いて便利なリュック

子供が小さいうちや、使いやすさを考えて両手が空くリュックタイプも使いやすいです。

開け口が広くて取り出しやすいトート

軽量撥水で雨の日も気にしなくてはいいのポイント高めです!

折りたためて便利なエコバッグ

朝の準備で忙しいママ!開け口が大きく開くと準備もはかどります。

ミニポーチ付きが嬉しいウエットバッグ

ポーツ付きだと登園の途中必要になるハンカチやティシュを入れておけば、すぐ取り出せるのであると便利です。

エルエルビーンのトート

私は、エブリデイ・ライトウェイト・トート
使っています!軽くてポケット付いてて、じゃぶじゃぶ洗ってます。

ちなみに、エルエルビーン買うならL.L.Beanオンラインショップが断然お得です!

大容量のバッグの取り扱いが多いので是非一度チェックしてみてください。

まとめ

以上、保育園の荷物入れ選びのポイントとママバッグにぴったりな汚れても安心のおすすめバッグを紹介しました。

是非、トートやリュックなどいろいろあるので使いやすいものを見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です