名前を書きたくない方!保育園の名前書きを楽にするおすすめグッズ

保育園 名前書き グッズ おすすめ

保育園で必須な名前書き!

これから入園準備に取り掛かるママも多いと思います。

そこで今回は、

こんな方におすすめ!

服に直接名前を書きたくない!
おむつの名前書きってどうしてるの?
布団って手書きで名前を書くの?

という疑問まで名前書きの手段が解決できる便利グッズと、持ち物に適した名前書きの方法をご紹介します!

ポイントを押さえて名前書きグッズを揃えておくと、大量の名前書き作業も捗ります!

【保育園】名前書きが必要な持ち物

下記、我が家が通う保育園で名前書きが必要な持ち物です。

園によってはその他コップなど、持ち物が異なるので下記は参考までに。

洋服
くつ(上履き含む)
おむつ
布団

持ち物は、素材や形状も様々です。どれも書こうと思えば、油性マジックで書けちゃいますが、入園準備と共に名前書きグッズを、なんらか購入するママがほとんどです。

油性マジックだけでなく、名前書きグッズをいくつか用意しておくと、後々便利なのでご紹介します。

その前にまずは、一般的な名前書きの方法からご紹介しますので、便利アイテム先読みする方は、読み飛ばしてください。

名前書きの方法は4通り

名前書きの方法は、大きく分けて4通りあります。どんな名前書きの方法があるか、下記項目別でご紹介します。

 

  1. 手書きで書く
  2. アイロンで貼る
  3. シールを貼る
  4. スタンプを押す

 

手書きで書く

手書きはその名の通り、ひたすら油性マジックなどを使い書いていく方法です!

素材やサイズを考えずに書ける気軽さがあります。

  • 名前書きグッズを揃えている暇がない!
  • 特にこだわりはなく、手っ取り早く済ませたい!

そんな方は、手書きでいきましょう。

【対応素材】
素材や形状を選ばず書くことが可能

メリット気軽に書ける
どこでも書ける
デメリット洗濯していくうちに薄れる
手書きなので字にばらつきがでる
素材によって字が滲む

アイロンで貼る

アイロンシール

 

アイロンシールは布地に便利なお名前グッズです。

アイロンシールはいろいろなタイプがありますが、中でも乾燥機に使えて伸縮性に強いアイロンラバーシールがおすすめです。

特にブランドのお洋服だったりすると、直接書くのに抵抗がある方も多いと思います。そんなときは、アイロンで温めるて付け外しが簡単にできるアイロンシールは重宝します。

  • 洋服のお下がりを考えている方
  • フリマで洋服の販売を考えている方

そんな服の再利用を考えている方におすすめです!

【対応素材】
布地のみ

メリット間違えても貼り直しができる
デメリットアイロンを準備する手間がかかる
作業時間がかかる
乾燥機が使えない

フロッキーネーム

フロッキーネームは、伸びる素材にもぴったり貼れるシールです。

  • 靴下の名前書きに悩んでいる方

に特におすすめ!

伸び縮みに強いフロッキーシールは、靴下の名前書きに大人気です。

【対応素材】
アイロンが使える布地

メリット伸びる素材にも貼れる
デメリット貼り直すのがめんどう
アイロンを準備する手間がある
アイロンを押し当てる時間がかかる

シールを貼る

お名前ノンアイロンシール

 

気軽に貼れることと、オリジナルで作れて手間知らずなことから、最近人気なのがアイロンいらずで直接貼れるノンアイロンシール

  • 名前書きに時間をかけたくない方
  • 素材を選ばず試したい

価格も手頃なので試しに使ってみるのもおすすめです。

【対応素材】
プラスチックから洋服のタグまで使える
※布地には貼れない

メリット
簡単に貼れる
貼れる素材が多い
デメリット
乾燥機が使えない
剥がれやすい

自分でシールを作る

 

自分でシールを作る方法には、テプラやプリンターがあります。機器を持ってない方でも

  • 自分で作るのが好き
  • 自分好みにカスタマイズしたい

方はおすすめです!

【対応素材】
プラスチックや紙類のみ
※布地には貼れない

メリットサイズやデザインを自分好みに作れる
必要な時に必要な枚数作れる
デメリットシール台紙が高い
プリンターがないとできない
プリントする手間がかかる
貼る素材を選ぶ(布などはNG)

スタンプを押す

お名前スタンプ

 

名前書きで必ずあると便利なのはお名前スタンプです。

【対応素材】
布地から紙類、プラスチックまで使える

メリット長く使える
素材を選ばず使える
デメリット消えるものもある
曲線状のものには使えない

名前書きのポイント

名前書きのポイントは、ズバリ!

臨機応変に対応することです!

クレヨンやコップは名前シール、衣類は手書きなど柔軟に考えて臨機応変に対応することで、膨大な名前付けの作業も楽に済ませられます。

保育園での生活はは、常に服の買い替えや、持ち物の準備で名前書きが頻繁にあるため、お名前グッズをいくつか用意しておくといざというとき便利です。

おすすめ!【持ち物別】名前書きグッズ

我が家では、2人保育園に通っているのもあり、名前書きに関してはあれこれ試しました。

その結果、おすすめできる持ち物別の名前書きグッズをピックアップしたので皆さんの時短につながれば幸いです!

洋服には「スタンプ」か「アイロンラバーシール」

洋服は、直接名前書きがOKの方はお名前スタンプがおすすめ!

タグ用のお名前スタンプが気軽に押せて便利です。セット売りだとおむつや、その他の持ち物にも使えるので、保育園の入園準備に限らず小学校まで長く使えます。

お名前グッズの購入で、お名前スタンプまず揃えておくと便利です!

直接名前を書きたくない方は、アイロンラバーシールが◎!

シールタイプは、いろいろ試してみましたがハードな洗濯をすると、どうしても剥がれるストレスがありました。

アイロンの手間はありますが、中でもラバーシールは耐久性もあり、伸縮素材にも貼れるので靴下にも使えて納得の品質です!

おむつには「スタンプ」

おむつの名前書きはお名前スタンプ一択!

なかでも小学校の入園準備にも使えるセット売りを買っとくと、洋服のタグにもなんにでも対応できるので重宝します。

布団にはフロッキーネーム

布団には特大サイズのフロッキーシールがおすすめ!

また、布団は文字の大きさが特大になってくるのと、掛け布団と敷布団、シーツ袋の3枚お名前が必要になるので、布団用でお名前グッズを揃える方は3セット目安にしましょう。

ちなみに布団の名前書きは手書きする方が多いです!

布団の文字を手書きするポイントは、書きたい文字の大きさに合わせて印刷した紙を、生地の下に敷いて写して書くと綺麗に書けます。

 

くつ(上履き含む)にはノンアイロンシール

靴には、ノンアイロンシールが便利です。

靴の中敷に貼るタイプのシールセットが靴を選ばず貼れておすすめです!

小さめサイズがたくさん入ったセット売りも手頃な価格で購入できて、曲面があるコップやクレヨン、また洋服のタグにもも使えて重宝します。

その他

コップやクレヨンなどの曲面があるプラスチック製品にはお名前シールがあると便利です。

アイロンシールとお名前シールがセットになった、グッズも売っているのでとってもおすすめです!

▼「アイロンラバーシール」と「おなまシール」のセット

迷った方はこれを買えばOK

最近では、名前書きグッズが多いので、いろいろ悩んでしまう方も多い思います。

そこで、迷っている方に!おすすめアイテムを厳選したいと思います。

まず、とりあえずという方はお名前スタンプセット

余裕がある方は、プラスでアイロンラバーシールとお名前シールのセットを購入しておけば間違い無いと思います。

是非、迷った時は参考にしてみてください。

まとめ

以上、名前書きの手段が解決できる便利グッズと持ち物に適した名前書きの方法をご紹介しました。

是非、自分にあった名前書きを見つけてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です