メリットだけじゃない!無痛分娩のリスクと費用まとめ

無痛分娩 リスク 費用

出産方法の選択肢として無痛分娩(和痛分娩)を行える産院が増えています。

私も無痛分娩という選択肢に出会い2人目は無痛分娩を予定していました。

結果、無痛分娩を行うことはできなかったのですが、出産前に産院での無痛分娩の説明会に出席したことで知識が深まったので、今回は頭に入れておくべき無痛分娩のリスクや費用などについてご紹介したいと思います。

無痛分娩に興味のある方の参考になれば嬉しいです。

無痛分娩(和痛分娩)とは

妊婦 知識

無痛分娩は一般的には硬膜外麻酔を使い出産時の陣痛の痛みを和らげ、分娩をスムーズに誘導する方法。

無痛分娩というところもあれば、人によっては痛みがゼロになるわけではないため和痛分娩という産院もあります。

硬膜外麻酔とは

硬膜外麻酔は背中に針を刺し針の中を通し硬膜外腔に細い管を侵入留置し、管が入ったら針を抜き管のみが体の中に残りそこから麻酔薬を注入する麻酔方法です。

無痛分娩のメリット

無痛分娩の最大のメリットは、出産時の陣痛に伴う心身へのストレスである痛みを軽減してくれることにつきます。

痛みが軽減され落ち着いて出産できることで、出産直後の赤ちゃんとの対面を余裕をもって感じることができます。

無痛分娩のリスク

無痛分娩では硬膜外麻酔による合併症や分娩中の副作用があります。以下、無痛分娩によるリスクの一部をまとめました。

硬膜外麻酔により合併症が出る可能性がある

主に、背部痛、低血圧、頭痛、発熱、痙攣、全脊髄くも膜下麻酔、放散痛、硬膜外血腫などの合併症があげられます。中には命に関わる合併症もあるため産院の説明をよく聞くことが大事です。

吸引分娩や鉗子分娩の頻度が増加する

特に初産婦さんの場合は、陣痛が弱くなり分娩時間が延長し分娩の進行が遅くなることがあります。

それに伴い吸引分娩や、鉗子分娩のリスクが発生します。吸引分娩や、鉗子分娩にあげられるリスクには、赤ちゃんの顔や頭に痕がつくことがあります。

また、会陰切開が大きくなったり、膣に傷が付き出血が多くなる可能性があげられます。

無痛分娩の費用

費用

無痛分娩にかかる費用は産院により異なりますが、加算料金制のところが多く分娩費用にプラス10万円前後、産院によっては計画分娩で前日から入院する場合もあるため別途入院費がかかるところもあります。

また、保険適応とはならないため全額自費負担となり、麻酔開始時刻により費用が異なる産院もあります。

無痛分娩がおすすめな人

  •  出産する体力に自信がない方
  • 落ち着いて出産をされたい方
  • 痛みをとにかく和らげたい方

以上、お金に余裕のある方は無痛分娩を検討してみてください。

私は1人目の時の痛みが恐怖だったこともあり、2人目は無痛分娩を計画していましたが、急にお産が早く進んでしまったので結果無痛分娩しませんでした。

ちなみに2人目は、かなり楽に出産することができ結果無痛分娩しなくてよかったなという。。。

▼2人目で無痛分娩を検討している方はこちらの記事もどうぞ
私の出産体験記

【出産体験談】1人目と2人目の違い|陣痛時間や痛みの差は!?

まとめ

以上、頭に入れておくべき無痛分娩の方法やリスクなどについてご紹介しました。

無痛分娩は陣痛に伴う痛みを和らげてくれるメリットだけでなく、薬や麻酔による副作用や合併症のデメリットもあるということを十分理解する必要があります。

無痛分娩が気になる方は、産院によっても無痛分娩の方法や行える時期が異なるため、出産前に産院での説明を良く聞き、自分にあった産院選びをしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です