ママと赤ちゃんに優しい!おすすめの授乳クッションと選び方

授乳クッション おすすめ

ママの授乳中にとても便利な授乳クッション。出産前から授乳クッションの購入を検討する方も多いのではないでしょうか?授乳クッションは産後に限らず出産前にも使えるタイプもあるので、今回は出産前から長く使える授乳クッションと、ママと赤ちゃんに優しい授乳クッションの選び方ついてご紹介したいと思います。

授乳クッションとは!?

授乳クッション

授乳クッションは授乳の際におっぱいが飲みやすい位置にサポートしてくれるクッションです。ママと赤ちゃんの事を考えて作られた授乳クッションには授乳時以外にも便利な使い方がたくさんあります。

授乳時だけじゃない!授乳クッションの使い方はいろいろ

妊娠中の睡眠時にママの体制をサポート

出産前はお腹が大きくなるにつれ体への負担が大きくなり睡眠時の体勢が辛くなります。妊婦さんの睡眠時にリラックスできるとされている姿勢(シムスの本位)には抱き枕になる授乳クッションがとても便利です。妊婦さんの寝る体勢を優しくサポートしてくれます。

シムスの本位とは!?
片脚を伸ばし、もう一方の脚の膝を曲げて少しうつ伏せぎみに横たわるポーズ。

妊娠中や産後もむくみやすい足をサポート

妊娠中や産後は足がとてもむくみやすいです。授乳クッションに脚を置いて足枕として使えば、むくみの防止や解消になります。中には腰のサポートとして使う方もるので使い方はいろいろです。

赤ちゃんの姿勢をサポート

赤ちゃんが大きくなりお座りできるようになると後ろに倒れてしまうことがあります。そんな時には赤ちゃんの頭を守る支えとして授乳クッションが大活躍してくれます。また、赤ちゃんのお昼寝時にも肩、頭、首などを優しく包み込むクッションとして心地よい眠りをサポートしてくれます。

ママと赤ちゃんに優しい授乳クッションの選び方

丸ごと洗えるものを選ぶ

赤ちゃんの授乳時の吐き戻しで汚れがちな授乳クッション、毎日使うものだからこそすぐ汚れてしまいます。クッションを清潔に保つためにも中身もカバーも丸ごと洗濯できるものがとても便利です。

赤ちゃんの肌に優しい素材を選ぶ

デリケートな赤ちゃんの肌に安心して使える素材を選ぶようにしましょう。ガーゼやパイル生地などのオーガニック素材は肌触りも優しくおすすめです。

自分にあったものを選ぶ

授乳時以外も様々なシーンで使える授乳クッションです。開き部分を開け閉めできるものを選ぶとこれまで説明してきた妊娠中でも使える抱き枕にもなり、赤ちゃんのお昼寝クッションと様々な用途で使えます。産後購入を検討されている方は抱き枕になるタイプに拘りがなければ脱着が簡単な授乳クッションがおすすめです。

あやぱん
私は産後の購入でしたが2人目も予定していたので抱き枕になる閉開式のタイプを購入しました。かれこれ3年長らく愛用しています!

おすすめ授乳クッション

・西松屋オリジナル「ELFINDOLL」の抱き枕&授乳クッション

西松屋のオリジナルブランドの授乳枕。コットン素材と裏面のパイル地が気持ちい肌触りです。丸洗いできてコスパ抜群の授乳クッションです。

・京都西川の日本製ふっくらふわふわの抱き枕&授乳クッション

日本の安心の品質で作られた授乳クッション。三日月型の抱き枕で妊婦さんの眠りもしっかりサポートしてくれます。デザインはゾウとカバの刺繍が可愛い2種の展開です。

・妊婦さんの声から生まれた抱き枕&授乳クッション

2400人の妊婦さんの声から生まれた授乳クッション。厚みのあるボリュームたっぷりの授乳クッションは使い勝手抜群です。5種類のデザインから選べるのも嬉しい。

・オーガニックコットンの優しい抱き枕&授乳クッション

オーガニックコットンの優しい肌触りの授乳クッション。中綿の付け足しが可能なため、自分の好みの厚さに調整できます。またデザインは6パターンより選べます。

ボリュームたっぷりのスター柄の授乳クッション

https://akachan.omni7.jp/detail/328013000

抱き枕機能がいらない方におすすめ!赤ちゃんへの授乳時にお腹まわりにクッションをすぐセットできます。授乳が終了した後も、赤ちゃんのお座り、枕、腰のサポートとしても使えます。

まとめ

出産前から長く使える授乳クッションとママと赤ちゃんに優しい授乳クッションについてご紹介しました。出産前から授乳時以外にも使えるシーンがたくさんあるので、是非購入の際の参考にして見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です