マタニティーパジャマを安く購入|無印・GUがおすすめ

安い GU 無印 マタニティパジャマ

マタニティパジャマは妊娠中から出産後までとても重宝するアイテムですが、出産準備では色々とお金がかかります。

そこで今回はあまりお金をかけずにマタニティパジャマ揃えたいという方へ、選び方のポイントとお金をかけずに揃える方法をご紹介します!

マタニティパジャマの選び方

マタニティパジャマの選び方のポイント

マタニティパジャマ 無印 半袖 前開き

マタニティパジャマの使用時期は、長く使う方でお腹が大きい出産前から生まれた後の授乳期間中と1年以上使用します。

産院から入院の際の持ち物説明があった時、パジャマの購入を検討される方が多いと思います。産院によっては、前開きや丈の長さなど指定があるため確認しましょう。

購入検討する際は使い勝手が良い下記、2点を抑えておくといいです。

  • 前開きタイプ
  • ワンピースタイプ

前開きタイプは、点滴や診察、授乳の際に脱ぎ着しなくても前を開け閉めができるので便利なのと、内診台などでの診察時にはワンピースタイプだと着脱をしなくてすむためこの2点は必須です!

ポイントを抑えてマタニティパジャマを選ぶと普段使いのパジャマも代用品として着られるので参考にしてみてください。

マタニティパジャマの色選びの注意点

色選び

産後の入院中は子宮の回復に伴いたくさんの悪露が出るのでパジャマが汚れてしまうことも良くあります。また、ホワイトなどの色が薄めのパジャマは下着が透けてしまうので濃いめのカラーを選んだ方が無難です。

お金をかけずにマタニティパジャマを揃える方法

GU、ユニクロのワンピースパジャマで代用する

マタニティパジャマとしての販売はないものの、GUとユニクロでは前開きのパジャマが販売されているため、マタニティパジャマの代用として購入するママが増えています。

特にGUでは前開きのワンピースパジャマが通年販売されているので、時間がなくとりあえずというママは一度GUのオンラインストアーを覗いてみるといいです。

値段は¥1,990円~オンラインストアはサイズもXS~XXLと豊富です。

コスパ最強の赤ちゃん用品を扱うお店で購入する

赤ちゃん用品を扱うお店(西松屋、赤ちゃん本舗、バースデーなど)では3,000円以下で買えるマタニティパジャマが豊富に揃っています。ママと赤ちゃんのことを考えて作られたデザインのため機能性も納得です。

季節の変わり目では更にセールで安く購入できるため、赤ちゃん用品を見に行く際はチェックしてみてください。

無印良品週間の限定価格でお得にゲットする

無印のマタニティパジャマは、オーガニックコットンを使用した縫い目のないデザインが人気です。

価格は5,000円ほどしますが、年に数回あるメンバー割が適用される「無印良品週間」購入するのがおすすめ。 アウトレットなどの割引ページに商品が更新されやすく運がいいと3,000円以下でお得に購入することが出来ます。

無印のマタニティパジャマを価格で迷られている方がいたら、是非この期間が狙い目です。見つけたら1~2日で無くなるかもしれないので早めに購入を!

メルカリで探してみる

メルカリでは、新品や使用頻度の少ない美品のマタニティパジャマが検索かけると結構ヒットします。好きなブランドのパジャマはもちろん、GUや無印のパジャマも更にお得にゲットできる可能性があるのでお得に購入したい方は一度探してみてください。

送料もほとんど込みで値引き交渉なんかもできるのでメルカリもおすすめです。

まとめ

マタニティーパジャマの選び方のポイントと、お金をかけずに揃える方法をご紹介しました。

更に時間をかけたくない方は、種類やサイズも豊富に揃うオンラインストアでの購入がおすすめです。

しかし、オンラインストアは送料がかかるのでその他必要になる授乳ブラなどと合わせて複数商品を購入することも検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です