【出産体験談】1人目と2人目の違い|陣痛時間や痛みの差は!?

私の出産体験記

名前
現在、0歳と2歳の娘のママをしています、あやぱんです。

2人目を妊娠すると1人目の出産時を思い返し、次はどんな出産になるのか不安になる方も多いと思います。

そこで今回は私が実際に経験した、1人目と比較した2人目の出産について紹介します。

ちなみに私の場合、1人目と2人目の年の差は2歳です。

出産は人によって様々であくまでもこんな人もいるんだな〜と参考までになればと思います。

1人目と比較した2人目の出産について

2人目の出産日は1週間も早かった

出産 違い

私の場合、2人目は1週間早く生まれてきました。

↓こんな感じ

  • 1人目・・・39週と2日
  • 2人目・・・38週と2日

1人目も2人目も臨月内(36週0日から39週6日)の平均的な出産でした。

1人目の出産は、39週になった頃から軽いウォーキングをしたりと、ドキドキで陣痛を待ち構えて余裕のある日々を過ごしていましたが、、、

2人目の出産では、1人目の育児に追われていたのもあり、かなり油断していました。

出産当日はゴールデンウィークだったので、どこか遊びに連れて行ってあげたいという気持ちでパパも連れ出し朝から公園に出かけていました。

2人目は死を感じたほど恐怖だった陣痛が一瞬

陣痛 痛み

「1人目と比べて2人目は半分くらいの時間で産まれるよ〜!」なんてことを良く耳にしますが、私の場合、まさにそれを通り越しました!

  • 1人目・・・21時間
  • 2人目・・・4時間

陣痛になってから比較して2人目は半分の半分以下の超スピード出産でした。

ちなみにピーク時の陣痛の痛みは1人目は6時間耐え忍びました。もう震えが止まらないほど死を感じたほどでした。

それが、2人目は1時間掛からずの出産だったので本当に一瞬でした。

2人目の出産の痛みは便意の気持ち良さ

下品で申し訳ないです。でもこの表現が本当にドンピシャです。

自分でも不思議でした、2人目ということで痛みに強くなったのでしょうか。

私は朝から来ていたお腹の張りが陣痛だと気づかず、10分間隔になった頃に陣痛だと気付きました。本当に生理痛くらいの痛みだったのでよく自分でもわかっていなかったです。

それからピーク時の陣痛(震えるほどの辛いいきみのがし)の波は5回ほどで、あとはつる〜んと出てきてくれました。

本当に2人目はあっと言う間のお産だったのもあり、でてくるときはお恥ずかしいですが、◯◯ちをするような気持ちの良い感覚の出産を経験しました

2人目出産で私が学んだこと

思っている以上に全てが早い

2人目は出産日も出産時間も思っている以上に早く、特に陣痛が強くなってから赤ちゃんがでてくる間が物凄く早いです。

私は出産当日、病院に向かって最初の診察で、子宮の開きやお腹の張りが弱いことから一度家に戻って様子を見ましょうかと提案がありました。

一度帰るのは面倒くさかったため、病院に居座る選択をした私でしたが、あの時もし先生の提案を受けて家に一度戻っていたら、きっと病院に間に合わずどこかで産まれていました。

何年か前に電車の中で出産された方いましたが、他人事じゃないと実感。

1人目の育児に追われ出産準備が足りなかった

1人目は初めての出産ということで呼吸法を練習したり、いきみ逃しのボールを準備してお産に臨んだ記憶があります。

そんなことを頭の片隅に置くも、2人目は特に入院準備以外は何もしませんでした。

悲惨なのはお産の時でした。何も予習していない私は出産時は、ヒーで吐いてフーで吸うという呼吸法がおかしくなり、更には出産してる時、便意と勘違いして◯◯ちが出ると叫んでパニックになりました。

2人目出産する人に伝えたいこと

2人目こそ出産の準備は怠ってはならぬ

これから2人目の出産を予定している方は、下の子の面倒で自分のことは後回しになってしまいがちですが、自分の時間を見つけて心と体の準備をしてあげてください。

我が家のパパは論外ですが、1人目の子供の面倒はパパに頼んで出産が近づいたら安静にする、しっかりいつ産まれてもおかしくないので念には念を入れた準備がおすすめです。

以上、私の1人目と比較した2人目の出産についてお話しさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です